ちょっとした眼の不調――――<br>もしかして、ドライアイ?

ドライアイ(角膜乾燥症、乾性角結膜炎)とは、様々な要因により涙や粘膜に起こる慢性疾患のこと。ある調査によれば、オフィスワーカーの約3割、またコンタクトレンズ使用者の約4割がドライアイだと言われています。
右の「ドライアイ・チェック」のうち、5項目以上当てはまる方はドライアイである可能性が高いといえます。はじめはちょっとした症状であることも多いドライアイ。放置すると別の病気に罹る恐れもありますので、なるべく眼科の診察を受けるようにしましょう。

新宿東口眼科医院のドライアイ診療の特徴

当院は、専門の医師によるドライアイ専門治療を設置、3種類の涙点プラグ(スーパーフレックスプラグパンクタルプラグコラーゲン製プラグ)を利用した治療を行うなど、患者様に最適な診療を提供しております。