シリコン製涙点プラグ

シリコン製涙点プラグのご案内です。当院では、ドライアイに対し、点眼治療以外、涙点プラグ(スーパーフレックスプラグ、コラーゲンプラグパンクタルプラグF)の3種から最適なプラグを選択し、治療を行っております。

シリコン製涙点プラグ(スーパーフレックスプラグ)
医療用具許可番号:21200BZY00283000

スーパーフレックスプラグ
涙点プラグはドライアイおよびシェーグレン症候群の治療に使われる医療用器材となります。
主に涙液量が少ない疾患に有効な治療方法のひとつで、瞼の上下にある涙点をプラグで閉鎖する事で涙液を溜めておけるようにします。
当院で使っているスーパーフレックスプラグ(米国イーグルビジョン社製、国内輸入販売元ホワイトメディカル)は、フィット性、保持性、快適性に優れており、定評のある製品です。
涙点プラグの種類
スーパーフレックスプラグは、直径が0.4~1.1ミリと幅広く、ほとんどの方の涙点サイズに合わせる事が可能です。
スーパーフレックスプラグ
プラグケージングシステム
涙点プラグを挿入する前に、涙点の大きさを計測するため、左のプラグケージングシステムを使います。 涙点プラグの挿入は事前に点眼液による麻酔を行った後実施しますので、痛みもなく、麻酔から挿入まで20分~30分程度で終了します。
  • 交通アクセス
  • 地図
    住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
    最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分 / 丸の内線新宿駅B11出口
    新宿東口眼科医院は、スタジオアルタから3軒先、1階にauが入っているビルの9階にあります。
    1Fみずほ銀行左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
    ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
    1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。エレベータで9Fまでお越しください。
  • サイト内検索