検査方法

ドライアイの診断には、いくつかの検査を行なう必要があります。涙の分泌量や角膜(黒目)、結膜(白目)の評価、涙液の検査、試験薬を用いた検査などを行い診断します。いずれの検査も痛みは無く、短時間で終了します。

涙の量的検査

シルマー検査

目盛りが付いた専用の試験紙(シルマー試験紙)を目尻側の下瞼の端に5分間挿入し、試験紙が涙液でどこまで濡れたかで涙液の分泌量を調べます。涙の量が5ミリ以下の場合、ドライアイの疑いがあります。なお、当院では試験紙挿入による刺激で涙液が通常より分泌される事を防ぐために事前に麻酔用の点眼薬(ベノキシール)を使っております。

シルマー検査

ティアメニスカス検査

涙液の量を調べるために、フルオレセインという生体染色用の蛍光染料を目に入れ、下瞼にどれだけ涙が溜まっているか細隙灯顕微鏡(スリットランプ)を使って観察します。分泌された涙はまず下瞼に溜まった後、目全体に広がっていく性質を利用した検査です。
また、涙点プラグなどの治療を行った後、どれだけ涙液が目に留まるようになったか効果を確認する際にも用いられる検査となります。

ティアメニスカス検査

写真下側の黄緑色に染まっている部分が分泌された涙液です。下瞼に涙液がどの程度溜まっているか一目で分かります。左は涙液が不足した状態、右が涙液が十分溜まっている状態となります。

涙の質的検査

BUT検査

目を開いてから目の表面の涙の膜が破壊されるまでの時間(BUT=Break Up Time)を測ります。BUTが5秒以下の場合、ドライアイの疑いが高くなります。涙の量は問題ないのにBUTに問題がある場合、マイボーム腺からの油の分泌やムチンの分泌に問題がある場合があります。

目の表面の障害を見る検査

生体染色検査

フルオレセインという黄緑色の試薬を点眼すると、角膜(黒目)の障害された部位が染まるので、細隙灯顕微鏡で染色部を観察して障害の程度をみます。ムチンの分泌に問題がある場合、フルオレセインでは検出されにくいため、ローズベンガルというピンク色の試薬を使う場合もあります。

生体染色検査
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
  • 交通アクセス
  • 地図
    住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
    最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分 / 丸の内線新宿駅B11出口
    新宿東口眼科医院は、スタジオアルタから3軒先、1階にauが入っているビルの9階にあります。
    1Fみずほ銀行左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
    ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
    1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。エレベータで9Fまでお越しください。
  • サイト内検索